平成25年3月10日、米子市文化ホールで鳥取県文化振興財団主催の 『邦楽開化』 が開催されました。

この事業ではこれまでの邦楽のイメージを一新すべく様々な挑戦がなされました。

裏方KADOYAでは 技術監督・舞台監督・照明・音響・スモーク・ドライアイス・銀打ち』 などトータルでサポートさせていただき、また、草月流草清会の皆様にはロビーや花道を始め大きな活花オブジェでステージを飾っていただきました。

 

P1000338

反響板の中で竹をベースとした大きなオブジェが映えます。

P1000327

今回のために委嘱された『飛鳥天喜』の演奏風景です。
床にはドライアイスが雲のようにたなびいています。

 

 

P1000307

尺八とコンテンポラリーダンスによる『魔切』、スモークで演出です。

P1000293

米子西高箏曲部は全国レベル、一糸乱れぬ演奏は圧巻!!

 

 

P1000289

米子市児童文化センター「たのしい箏クラブ」の皆さんによる『SAKURA SAKURA』

P1000269

「とっとりの芸術宅配便」講師の皆様によるユニットです。

P1000163

草月流草清会の皆さまに、ステージ・ロビー・舞台花道を活花オブジェで飾っていただきました。